ホームページとフェイスブック

ホームページ制作会社が企業にフェイスブック進出を勧める理由

最近は企業の公式サイトは一つとは限らないケースが増えてきています、昔は、企業がホームページ制作会社に制作を依頼するなどしてホームページを立ち上げた場合、そこを唯一無二の公式サイトとするというのが普通でしたが、ソーシャルネットワークが社会に浸透してからは、ソーシャルネットワーク上に公式ページを作り、ユーザーに情報を発信するという流れが出来つつあるのです。
なぜ、ソーシャルネットワークに公式ページを作るのかというと、若い人たちは、インターネットを仲間内のメッセージのやりとりなどだけで楽しんでいることが多く、わざわざ企業の公式サイトなど見に行かないからです。ソーシャルネットワーク上に公式ページを作れば、若い人が目に触れる機会が増えて、ファンになってくれる可能性が出てきます。
今、もっとも勢いのあるソーシャルネットワークはフェイスブックなので、フェイスブックに公式ページを作る企業が多いです。公式ページを作る場合ですが、オリジナルの画像を掲載出来るようになっているので、ホームページ制作会社に依頼してデザインを作ってもらうという場合もあります。そのため、フェイスブックで運用するからホームページ制作会社の出番はないというわけではなく、むしろ、ホームページ制作会社が、公式サイト以外にもフェイスブックに公式ページを作っておくと、より多くの人に宣伝出来ると、企業にアプローチをしているほどです。ホームページ制作の専門業者はフェイスブックページに関する知識も豊富です。
フェイスブックはユーザーが本名で登録するようになっているので、企業が公式ページに投稿したコメントも、好意的なものがつきやすいというのも、フェイスブックに公式ページを作る企業が増えている理由の一つでしょう。また、いいねボタンというものがあり、これをクリックすることで簡単に好意を示すことが出来て、更に、フェイスブック上でつながっている友達にもどの企業ページでいいねボタンを押したのかわかるようになっているので、口コミが広がりやすいのも人気の理由でしょう。